アニメ制作会社の生存戦略 番外編 スタジオジブリその③ 経営状況

連載コラム「アニメの未来を考える」

前々回前回とスタジオジブリの創設と制作会社として特性を語りましたが、今回はスタジオジブリ作品の興行成績から、その経営状況について取り上げたいと思います。

スタジオジブリの興行成績から伺える経営状況
前回語ったように、スタジオジブリは、監督中心主義で、宮崎駿氏と高畑勲氏の作品を作るための制作会社という特質を持っており、高畑氏の死後は宮崎駿氏一人のための専門スタジオのようになっています。
もちろん、宮崎駿氏以外が監督を務めた作品も複数ありますが、息子の宮崎吾朗氏以外で、現在もスタジオジブリに所属している人は1人もおらず、宮崎駿氏への依存度が高い故に、後継が育たないという問題を抱え続けています。

<宮崎駿氏と高畑氏の他にジブリ作品で監督を務めた人物>
・近藤喜文(1998年病没)
・森田宏幸(フリー)
・米林宏昌(2014年にスタジオジブリ退社。2015年にスタジオポノック設立)
・宮崎吾朗(スタジオジブリ常務取締役)
・マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(フリー)

©スタジオジブリ

<スタジオジブリ作品の興行収入>
1984年『風の谷のナウシカ』宮崎駿監督・興行収入14.8億円
1986年『天空の城ラピュタ』宮崎駿監督・興行収入11.6億円
1988年『となりのトトロ』宮崎駿監督/『火垂るの墓』高畑勲監督・興行収入11.7億円
1989年『魔女の宅急便』宮崎駿監督・興行収入43億円
1991年『おもひでぽろぽろ』高畑勲監督・興行収入37.4億円
1992年『紅の豚』宮崎駿監督・興行収入54億円
1994年『平成狸合戦ぽんぽこ』高畑勲監督・興行収入53億円
1995年『耳をすませば』近藤喜文監督・興行収入37億円
1997年『もののけ姫』宮崎駿監督・興行収入193億円
1999年『ホーホケキョ となりの山田くん』高畑勲監督・興行収入15.8億円
2001年『千と千尋の神隠し』宮崎駿監督・興行収入304億円
2002年『猫の恩返し』森田宏幸監督・興行収入64.6億円
2004年『ハウルの動く城』宮崎駿監督・興行収入196億円
2006年『ゲド戦記』宮崎吾朗監督・興行収入76.5億円
2008年『崖の上のポニョ』宮崎駿監督・興行収入155億円
2010年『借りぐらしのアリエッティ』米林宏昌監督・興行収入92.5億円
2011年『コクリコ坂から』宮崎吾朗監督・興行収入44.6億円
2013年『風立ちぬ』宮崎駿監督・興行収入120.2億円
2013年『かぐや姫の物語』高畑勲監督・興行収入24.7億円
2014年『思い出のマーニー』米林宏昌監督・興行収入35.3億円
2016年『レッドタートル ある島の物語』マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督・興行収入0.9億円 
2021年『アーヤと魔女』宮崎吾朗監督・興行収入3億円

作品の評価は別として、興行成績のみで観れば、高畑監督作品で成功したものはなく、成功した作品のほとんどは宮崎駿監督作品のものです。

宮崎駿監督作品以外での最高収益は、米林監督作品『借りぐらしのアリエッティ』の92.5億円で、宮崎吾朗氏の直近の作品でスタジオジブリ初の3DCG作品でもある『アーヤと魔女』の興行収入は3億円と興行的には失敗となったため、引退を撤回した宮崎駿氏の新作で2023年頃の完成を目指して制作中の『君たちはどう生きるか』に期待が集まっています。

©スタジオジブリ

スタジオジブリの決算公告から伺える経営状況

スタジオジブリの収益は映画の興行収入のみではなりません。
DVDやBlu-rayなどのソフト販売や、キャラクターグッズや書籍などの作品の関連商品の版権収入もありますから、それを含めての売上をトータルで見ないと、ジブリの経営状況は伺えません。
ただし、スタジオジブリは非上場会社なので、映画の興行収入額と、毎年の決算公告を見て類推するしか手段がないわけではありますが。

<スタジオジブリの決算公告>
第4期(2006年3月期)純利益 14億7,900万円/利益剰余金 14億7,400万円
第5期(2007年3月期)純利益 12億9,300万円/利益剰余金 27億6,700万円
第6期(2008年3月期)純利益 3億6,800万円/利益剰余金 31億3,600万円
第7期(2009年3月期)純利益 28億7,200万円/利益剰余金 60億900万円
第8期(2010年3月期)純利益 9億300万円/利益剰余金 69億1,300万円
第9期(2011年3月期)純利益 14億2,600万円/利益剰余金 83億3,900万円
第10期(2012年3月期)純利益 6億200万円/利益剰余金 89億4,200万円
第11期(2013年3月期)純利益 5億1,000万円/利益剰余金 94億5,200万円
第12期(2014年3月期)純利益 31億3,600万円/利益剰余金 125億8,900万円
第13期(2015年3月期)純利益 8億2,300万円/利益剰余金 134億1,300万円
第14期(2016年3月期)純利益 6億3,300万円/利益剰余金 140億4,700万円
第15期(2017年3月期)純利益 4億5,800万円/利益剰余金 145億500万円
第16期(2018年3月期)純利益 25億8,200万円/利益剰余金 170億8,800万円
第17期(2019年3月期)純利益 9臆2,500万円/利益剰余金 180億1,300万円
第18期(2020年3月期)純利益 6億8,000万円/利益剰余金 186億9,400万円
第19期(2021年3月期)純利益 12億5,300万円/利益剰余金 199億4,800万円
※資本金は通年1,000万円
※上記の決算公告は、現スタジオジブリが徳間書店より独立した2005年以降のものになります。

上記を見る限り、映画の公開した年度と公開のない年度で利益額に大きな差が出ていますが、毎年確実に利益剰余金が増えており、第19期では200億近くあるということなので、スタジオジブリ代表取締役プロデューサーである鈴木敏夫氏が各所で喧伝しているような、スタジオジブリの経営がギリギリで大変だという状況とは、大分ギャップがある印象です。
あくまで額面通りに見ればというものなので、本当のところはわかりませんが、少なくとも、これからの作品制作に莫大な資金がかかっても破綻しないように十分な備えをしていることが想像されます。
©スタジオジブリ

アニメ制作会社の生存戦略
番外編 スタジオジブリその① 創設
番外編 スタジオジブリその② 特性
番外編 スタジオジブリその③ 経営状況

“アニメ制作会社の生存戦略 番外編 スタジオジブリその③ 経営状況” への2件の返信

現在コメントは受け付けていません。