11月18日はミッキーマウスの誕生日

ディズニーファンの間では良く知られていることとは思いますが、11月18日は、ミッキーマウスの誕生日です。
これは、ミッキーがスクリーンデビューした『蒸気船ウィリー』が1928年11月18日に公開されたことにちなむもので、ディズニーランドやネット上などで毎年イベントが行われています。

今では当たり前ですが、ミッキーマウスはネズミ(ハツカネズミ)のキャラクターで、そのことを誰も気にしたりはしません。
現代の日本人の多くは、日常生活でネズミをほとんど見ることがなく、ネコやイヌ、キツネにタヌキなどと同様の動物の一つ、十二支の中にも出て来ますし、特にマイナスイメージを持っていない方の方が多いかもしれません。
しかし一昔前は、ネズミと言えば農作物を食い荒らす農家の天敵であり、家でも赤子が襲われたり、伝染病の媒介動物でもあり、害獣として人々の嫌われものでした。

ミッキーマウスはアニメーターだったウォルト・ディズニーとアブ・アイワークスが創作したキャラクターですが、何故ネズミをモチーフにしたかについては、名言はされておらず、ウォルトがネズミを飼っていたからだとか、スタジオにネズミが出たことがきっかけだとか、様々な諸説が語られていますが、いずれも都市伝説の域を出ません。

しかし、ミッキーマウスには元となったキャラクターがあることは良く知られていて、それは同じくウォルトとアブが作ったオズワルド・ザ・ラッキー・ラビットです。
動画を見てもらうと、黒い体に白い顔で耳が長く、ミッキーによく似ていることがわかるでしょう。

ミッキー誕生前の1927~1928年頃に作られたアニメーションシリーズの主役キャラクターで、全26作品が製作され、大ヒット作となりました。

ところが、この作品の配給先であるユニバーサル・ピクチャーズと製作費に関するトラブルの末、オズワルド作品に関する全権利がユニバーサル側のものとなってしまいます。
そこで、ウォルトとアブは、オズワルドに代わるキャラクターを新たに生み出す必要に迫られ、ミッキーマウスが誕生したというわけです。

で、ここからが筆者の勝手な推測ですが、ウォルトとアブはオズワルドの代用キャラクターとしてミッキーを生み出したものの、その姿はオズワルドにあまりに似ていたため、このままでは、ユニバーサル・ピクチャーズからオズワルドのパクリじゃないかと文句を言われそうです。
そこで、ミッキーはウサギじゃなくてネズミだからオズワルドとは違う、という言い訳を考えたのではないでしょうか。

ディズニーと言えば、日本の小学生が卒業記念にプールに描いたミッキーを権利侵害だと消させた話※もある程で、権利に非常に厳しいことで知られていますが、ディズニーのシンボルキャラクターであるミッキー自体が結構権利ギリギリな感じで生み出されていたとしたら、なかなかに皮肉な話だと思われるのではないでしょうか。


※1987年に滋賀県大津市の小学校で、卒業生たちが卒業記念としてプールの底に、1か月程をかけて巨大なミッキーとミニーの顔を描き、卒業式の日に全生徒に公開されました。当時、新聞がこれを美談として報じたため、ディズニー側の知るところとなり、5月中旬にウォルト・ディズニー・プロダクションの社員が学校を訪問し、著作権法上の理由から絵を消すように求め、学校側は何とか残せないかとディズニー側と交渉するも叶わず、この子供たちの想いのこもった力作を泣く泣く塗りつぶすことを決定。6月中旬の水泳シーズン前に、ミッキーの絵の描かれたプールは一度も使われることなく姿を消してしまいました。